品質、環境方針
  1. HOME
  2. >
  3. 会社案内
  4. >
  5. 品質・環境方針
  • 概要
  • 経営理念
  • 品質、環境方針
  • 沿革
  • 役員
  • 組織図
  • 社是

品質・環境方針

品質方針

我が社は、品質マネージメントシステムの継続的な改善を行い顧客満足の向上に努め、これまでの実績・経験を活かした高い技術力により、良い品質の製品を造り、信頼を得られる会社を目指します。

環境方針

  • 株式会社南海建設は、土木建築構造物の施工、アフターメンテナンス等の事業活動から生じる環境への影響を的確に捉え、環境保全活動を行う。
  • 事業活動に関わる環境側面を的確に把握し、環境に対する汚染の予防処置を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 事業活動に関わる環境側面に関する法規並びに、建設業界の模範及び顧客要求事項並びに利害関係者の要求を守り、環境保全に努める。
  • 株式会社南海建設の施工に伴う事業活動で、環境の汚染予防を図る。
特に以下の項目については、重点的に推進する。
  • * 工事現場でのCO2の発生を制御する。
  • * 工事騒音の発生を制御する。
  • * 建設副産物を適正に処理し、発生の制御を図る。
  • * オフィス業務における省資源活動推進を図る。
環境方針は全社員及び協力会社に周知し活動へ結びつける。 広く社外にも公開し、当社の環境活動に関する情報も必要に応じて公開する。

労働安全衛生方針

  • 基本方針として、労働災害防止活動を柱に、社員並びに作業者全員の安全と健康を守る『安全第一』を最優先に全社員が明るい職場作りを推進し、安全意識の高揚と自主的安全衛生活動の定着を図り、労働災害防止の目標達成に努める。
  • 『労働安全衛生マネジメントシステム』の教育訓練を充実させ、自社及び協力会社の全従業員に本方針とマネジメントシステムを周知、理解させて同システムの継続的改善と 実施を図ると共に予防措置を主体とした労働安全衛生活動を行い、①三大災害 ②交通事故 ③健康障害等の予防 ④「危険性と有害性の調査(リスクアセスメント)」を導入、活用する。
  • 『ストレスチエック制度』を導入し「ストレスチエック」により社員(労働者)一人ひとりに自己の抱える「ストレス」を客観的に認識させ、医師保健師等の「面接指導」を通じて改善を促し「労働衛生」の向上を図る。
  • 当社はここに示した「安全衛生管理方針」を社員及び協力会社の社員等に周知すると共に、利害関係からの求めに応じて一般に公開いたします。

情報セキュリティ方針

<経営理念>

 これまでの実績、経験を活かした高い技術力により、良い品質の製品造りに努力し、顧客・施主の信頼を得られる会社造りを目指し、ここに情報セキュリティ方針群を定める。

<情報セキュリティ目的>

当組織は、この10年来、情報セキュリティ事故がゼロという実績を継続するための仕組みをISMSで強化する。
当組織の各部署では、上記目的や業務形態を加味し、全部門・全現場で次のISMS目標に取り組む(全部門:2か月に1回のISMSセキュリティ教育によるセキュリティ意識の向上)

<情報セキュリティ方針>

  • 本社及び建設現場での情報の管理にあたり、情報資産のセキュリティ確保を図るための管理体制を構築し、定期的にその見直しを行うとともに必要に応じて改善します。
  • 物理的・人的・ITなどの各側面からバランスよく情報セキュリティ対策を講じ、情報漏えい等の問題を発生させない予防策を実施するとともに、万一の問題発生に対しても迅速に対応します。
  • 情報セキュリティ対策の推進について、運営体制を定め、役割と責任者を明確にします。
  • 本社及び現場事務所・協力会社員、ならびに現場の管理下で業務に従事する者に対して、本方針ならびに関連諸規程などの説明や教育を実施し、それに対する違反行為に対しては就業規則または契約に基づき明確な責任を求めます。
  • 本方針ならびに関連諸規程などが周知・実行・維持され、かつ、継続的改善が行なわれることを確実にするため、定期的にチェックを実施し、問題点を明らかにし、これを解決します。